超高分子量ポリエチレン

超高分子量ポリエチレン(Ultra High Molecular Weight Polyethylene-UHPEまたはUHMWPE)は、エンジニアリングプラスチックの一つです。通常2~30万の分子量を100~700万までポリエチレン分子製造時間を長くすることによって高めたポリエチレン熱可塑性樹脂に分類される合成樹脂です。耐衝撃性はプラスチックの中で最高の値でポリカーボネートを上回る非常に高い耐衝撃性、耐摩耗性、自己潤滑性に優れています。また耐薬品性があり食品衛生安全樹脂として使われ、食品に直接接触しても安全です。そして低い吸水性、寸法安定性、水を使用する部分に最適の素材になっています。

 

超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)

 

uhmw_white.jpg

超高分子量ポリエチレン 

白色

【長所】 

耐摩耗性、耐衝撃性、すべり特性、非粘着性、耐薬品性

 

【短所】 

線膨張係数大、非接着性

 

【用途】 

シュート、サイロ、食品産業機械、スポーツレジャー用品

食品包装、食品、薬品、化粧品などの容器

 

➢ 超高分子ポリエチレン(UHMWPE)の加工事例を見る

 

お気軽にお見積りをご依頼ください

honbunn-tel,faxbana-2.jpgme-ruzumennmitumoriirai-1.jpg

 

【超高分子量ポリエチレン 板 規格表

UHMW白色板 規格サイズ表 ※板厚により、厚みの公差がございます

板規格 元板サイズ(㎜)
比重
 
板厚(㎜) 600×1000 990×1000 1000×1200 990×1970 1000×2000
1.0       980×1900   0.94
2.0        
3.0      
4.0        
5.0      
6.0      
8.0      
10.0      
12.0      
15.0      
20.0      
25.0      
30.0      
35.0      
40.0      
45.0      
50.0      
55.0      
60.0        
65.0        
70.0        
75.0        
80.0        
85.0        
90.0        
100.0        
110.0        
120.0        
130.0        
140.0        
150.0        

 

➢ 超高分子ポリエチレン(UHMWPE)の加工事例を見る

お気軽にお見積りをご依頼ください

honbunn-tel,faxbana-2.jpgme-ruzumennmitumoriirai-1.jpg

問い合わせ.png